お問合せメールアイコ80

お問合せ

雨漏り調査/点検口取付け

雨漏り調査、雨漏り対策工事後の確認のための点検口

1級防水技能士の安藤です。

雨漏り調査では、目視での調査、水掛けによる調査、赤外線カメラによる調査...などを行いますが、時には天井を切り取って、雨漏りの確認調査をすることがあります。
その時に点検口を取付ける場合があります。

天井を切り取って点検口を取り付けることで、いつでも雨漏りの確認ができるようになりますが、やはり現場現場の対応になります。

通常、私は目視で雨漏り調査をすることが多いのですが、お客様が点検口を取付けて雨漏り調査を希望される場合は、点検口を取付けています。

画像の説明

最初に天井に切込みを入れる大きさを決めなくてはならないので、点検口の大きさを天井に書き出します。

次に天井を切り取って、点検口の枠を取り付けるわけですが、天井を切り取って、最初に出てくるのが、断熱材です。

古い建物だと、断熱材が入っていないこともあります。
当時の設計さんの考え方にもよりますね。

画像の説明

断熱材があるとよく見えないので、断熱材を取り出して確認をします。
断熱材が濡れてビショビショになっている場合もありますので、気をつけて除去します。

画像の説明

近寄って見るとこんな感じです。
雨漏りの痕跡がありました。

自分の目で見て、状況を判断し、自分の手で触って細かく調査をします。
手は汚れてしまいますが、自分の手で、指で、実際に触ったその感触など、その場でできる限り「雨漏り」を感じることが重要です。

画像の説明

私が指を指しているこの部分に雨漏りの痕跡が残っていました。
何度も雨水が侵入すると、雨染みが残っているものです。
雨漏り調査はこのようにして、雨水の侵入口を探していくので、ライトを当ててよく見ていかなくてはなりません。

この上には排水口があります。
かなりの確率で排水口に何らかの原因があるようです。
屋上、バルコニーなどでは、当然のことですが、排水口に向かって勾配がついています。

勾配があるので、雨水が集まる排水口が雨漏り危険箇所の1つになります。
その他の原因として考えられるのは、防水層に破損があった場合、防水層の亀裂から防水層の下に雨水が侵入して、防水下地を通って、排水口へ雨水が流れて来る、ということが考えられます。

点検口の取付けですが、今までの雨漏り調査の中で、雨漏り修理業者が数回工事をしても止まらなかった場合に点検口を取付が必要になることが多かったような気がします。

例えば、時間差で出てくるような雨漏りの確認をする場合も点検口をがあれば、確認が楽にできます。

画像の説明

点検口に天井と同じ壁紙が貼りつけてあれば、そんなに違和感はないと思います。
点検口の取付け、これも一つの調査方法です。

ご希望であれば、取付けします。
1級防水技能士の安藤さんにご相談ください。
(2022.4.24/1級防水技能士)

雨漏り修理、防水工事について熱く語るblogです。

職人社長安藤のblog/ 雨漏り調査・診断・修理・防水工事


お問合せはこちら

お問合せ雨漏り調査診断修理、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水、バルコニー防水、外壁防水塗装など防水工事のお見積り依頼はこちらまで。

お電話でのお問合せ・お見積もり依頼

048-422-8737

メールでのお問合せ・お見積もり依頼

お問い合わせフォームをご利用の際は、必ず「個人情報保護について」をご一読ください。
1.その内容に同意していただけましたら、下記フォームに必要事項をご入力ください。
2.「内容確認画面へ」ボタンをクリック
3. 内容に間違いがなければ「送信する」ボタンを押してください。

電話 048−422−8737  ファックス (faxは廃止により、メール対応になりました)

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
雨漏り補修&防水工事の専門店『1級防水技能士.com』、クリエイトコスモ株式会社