雨漏り調査/新型コロナ対策

「コロナ対策」には、かなり気を使っています

新型コロナウイルスが猛威を振るうこのご時世、1級防水技能士の安藤は、除菌アルコールタイプのウエットテッシュを常に持ち歩いています。もちろんマスクを着用して雨漏り調査をしています。

P1290860 (2)-resize

毎日、マスク、うがい、手洗いの徹底。今、やるべきことはやっています。僕が雨漏り調査に伺う時は安全ですので、ご安心ください。

P1290854 (5)-resize

アルコールタイプのウエットテッシュがなくなれば、アルコールジェルで手を消毒、事務所に帰ったら、アルコール成分入りのファブリーズで作業着を除菌をしています。
コロナのおかげでいつの間にか潔癖症になってしまったようです。

新型コロナウイルスが終息するまでの雨漏り調査方法について

◎家の中へ入らない雨漏り調査方法◎

調査時に雨漏りしている箇所の写真(部屋の内側から撮影したもの)を4~5枚ご用意いただければ、家の中へ入ることなく、外部から梯子、脚立を使用して調査ができる場合もあります。

P1220190 (3)-resize

新型コロナウイルスは怖い、知らない人が家の中に入るのも怖い、それでも雨漏りは止めたい。最近はこの方法で雨漏り調査をすることが多いです。

参考 図面2-1-resize

もし、建築図面(平面図、立面図)があれば、調査がより正確にできます。
図面が何処へ行ってしまったか、わからない場合はもう一度家の中を探してみてください。
それでも建築図面が見つからない時は、手描きの図面でも構いません。
雨漏りしている場所の写真4~5枚建築図面のコピーをいただければ、家の中に一度も入ることなく、調査は短時間で終わると思います。

画像の説明

現場状況にもよりますが、家の中へ入らないで梯子を使用して雨漏り調査ができます。

日本では社会的距離(ソーシャルディスタンス)が2mと言われています。守りましょう2mの距離。
雨漏り調査は最小限の接触になるように工夫をします。

まずはお問い合わせください。
どんな時でも雨漏り調査のやり方はあります。
(2020.4.14)

職人社長安藤のblog/ 雨漏り調査・診断・修理・防水工事

お問合せはこちら

ご質問、雨漏り調査診断修理、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水、バルコニー防水、外壁防水塗装など防水工事のお見積り依頼はこちらまで。
お電話、ファックス、またはメールフォームより、お気軽にどうぞ。

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『雨漏り補修&防水工事の専門店』、クリエイトコスモ株式会社