通気緩衝シート貼付け/屋上ウレタン防水の工程

埼玉県川口市の屋上防水工事の現場です。

屋上ウレタン防水工事の通気緩衝シートの貼付けについてです。
通気緩衝シートは3種類あって、それぞれ施工方法が異なります。
穴あき通気緩衝シートをボンドで貼りつける方法と改質アスファルトの自着層付の通気緩衝シートを貼りつける方法、それと通気シートを機械的に固定する方法です。

ウレタン防水通気緩衝工法とは、一言でいうと、通気効果と緩衝効果を持つシートの上にウレタン防水を塗り重ねた防水工法です。

この工法の優れたところは、下地モルタルに含まれた水分が通気緩衝シートを通して移動して、脱気筒から水分が逃げていくこと、それと防水下地に地震によってクラックが発生しても、防水層の破断を防止することができる、ということです。

今回は穴あき通気緩衝シートの貼り付けについてです。
最初にローラーでウレタンプライマーを塗布します。
通気緩衝シートを貼る時にボンドを使用しますが、下地直接だと接着がよくありません。必ず、ウレタンプライマーを塗布します。

画像の説明

次に通気緩衝シートの仮合わせをしますが、シートを貼る時は無風じゃないと貼れません。この現場の施工場所はマンションの7階屋上なので、強風で何もできない時もありました。

画像の説明

通気緩衝シートが飛ばないように気をつけなければなりません。貼り付けは通気緩衝シートを貼り付ける平場にボンドを塗布して、通気緩衝シートを半分貼り付けてから、残りの半分にボンド塗布して通気シートを貼り付けます。

画像の説明

通気緩衝シートを貼り付けたら、ローラーで転圧します。転圧が弱いと後で通気緩衝シートが浮いてしまったりするので、しっかり填圧します。

この繰り返しで通気緩衝シートを貼り続けます。

画像の説明

通気緩衝シートを貼り終えたら、貼合わせ部分にジョイントテープを貼ります。貼り合わせ部分はしっかり補強しなくてはなりません。

画像の説明

通気緩衝シートの端末は速乾シーリングで押えます。速乾のシーリング材は早く硬化するので、すぐに次の工程がある場合、とても便利です。

画像の説明

次はウレタン防水立ち上がり材で目止めをします。

画像の説明

通気緩衝シートに丸い穴が空いているのが見えますか? この丸い穴の部分にウレタン防水材が入り込んで、通気緩衝シートは部分的に下地と密着している状態になります。

ウレタン防水は「面防水」と呼ばれていますが、面防水で使用する穴あき通気緩衝シートは、点で下地に密着しています。ちなみにシーリングは「線防水」と呼ばれています。

ウレタン防水通気緩衝工法はよくできた工法だと思います。ウレタン防水密着工法と比べると、通気緩衝シートの貼り付けがあるので、施工単価が上がりますが、安心できる防水層を形成することができます。

防水下地の湿気を通気緩衝シートを通過させて、脱気筒から排出させるなんて、面白いです。
(2020.04.16/1級防水技能士の安藤)

職人社長安藤のblog/ 雨漏り調査・診断・修理・防水工事

お問合せはこちら

ご質問、雨漏り調査診断修理、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水、バルコニー防水、外壁防水塗装など防水工事のお見積り依頼はこちらまで。
お電話、ファックス、またはメールフォームより、お気軽にどうぞ。

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『雨漏り補修&防水工事の専門店』、クリエイトコスモ株式会社